偽装ファクタリング業者の特徴②担保や保証人を求める③分割払い

偽装ファクタリング業者の特徴①では、ファクタリング会社の所在地が不明な点を紹介しました。

特に携帯電話番号しかホームページなどに記載されていない場合には、連絡する前に、グーグルマップなどで調べてみることをおすすめします。

偽装ファクタリング業者の特徴②担保や保証人を求める

偽装ファクタリングは、売掛債権を買取をする本来のファクタリングと異なり、高利での貸付が実行されます。

そのため、中には不動産などの担保や、保証人を求める業者も存在するほどです。支払いが滞ったとして、担保にした不動産が勝手に売却されたり、保証人のところに取り立てに向かうことも考えられます。

売掛債権の買取であるファクタリングにもかかわらず、担保や保証人の設定を要求されるようなら、契約を取りやめたほうが無難でしょう。

偽装ファクタリング業者の特徴③分割払い

2社間ファクタリングでは、売掛金の回収後にファクタリング会社に売掛金の買取額と手数料を支払った時点で債権の消滅となり、取引が完了します。

偽装ファクタリングの業者の場合、本来一括払いしかあり得ないはずのファクタリングに、分割払いが選択可能となるケースがあるようです。

業務としての「分割払い」による回収は、貸金業登録がされていることが前提となっています。分割払いが設定されている時点で、「金銭消費貸借契約」となるためです。

ファクタリングは、売掛債権などの「売買契約」によって成立します。債権の「買取」であり、融資や貸付ではありません。くれぐれもご注意ください。